優しく洗う

ファンデーションや口紅などのメイクは、普通の洗顔料や石鹸では落ちないので、専門の化粧落としを使って落とす必要があります。
化粧落としは油分で出来ているので、メイクの油分と混ざって落ちやすくなります。
化粧落としを使ってクレンジングをすることは大事ですが、洗浄力が強い化粧落としを使うことは肌に負担がかかる行為です。
化粧落としに含まれる洗浄成分が肌にとって必要な皮脂まで取ってしまうからです。
皮脂まで一緒に落ちてしまうと、肌が乾燥しやすくなり、皺ができやすくなります。
従って肌にダメージが少ないように気を付けて洗うことが大切です。
化粧落としはメイクを落とすためのものなので、メイクをしていない日は使わないことも大切です。

化粧落としは様々な種類の商品が販売されています。
オイルタイプ、クリームタイプ、シートタイプなどがあります。
オイルタイプは洗浄力が強く、濃い化粧でもすっきり落としてくれます。
クリームタイプは刺激が少なくすっきり化粧を落とせるので敏感肌の人向きです。
シートタイプはコットンにクレンジング剤が含まれたもので、シートで擦るだけで化粧が落とせるので簡単です。
いろいろなタイプの化粧落としがありますが、その日の化粧の濃さやパーツによって使い分けるのがおすすめです。
化粧が濃いめの日はジェル、ナチュラルメイクの日はクリームタイプ、濃いアイメイクはシートタイプと使い分けると、肌へのダメージを抑えてクレンジングができます。